電話番号 092-683-3237

〒813-0016 福岡市東区香椎浜4-1-9 ネクサスワールド内

福岡東郵便局前

福岡市 内科 喘息 パニック障害 アレルギー

院長コラム

MOBILE SITE

QRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

HOME»  院長コラム»  院長コラム»  高齢化社会が進む中での認知症と運転免許証

高齢化社会が進む中での認知症と運転免許証

高齢化社会が進む中での認知症と運転免許証

 最近認知症が疑われる患者さんが診療の現場では増えてきているようです。もともと外来で慢性疾患を見ている患者さんで、来院が非常に不規則になったり、余っている薬をもってきてくださいといったら、100日以上の残薬があったりという具合です。一番多いのは、家族の人が一緒にやってきて「同じ事を何回も聞きなおしたり今言ったことをすぐ忘れてしまったりするようになった」という相談です。認知症の簡易検査をしてそれを参考にしながら、家族の話、本人との会話を通じて、認知症かなと疑いながら診察します。高齢でも全く頭がしゃきっとして自分でホームページを作ったりする80代後半の人もいます。誰が認知症になって、誰がならないのか全く予想がつきません。

 近年高齢者の逆走事故等が問題となっています。今後高齢者ドライバーの増加も予測されることから平成29年3月12日道路交通法が改正されました。75歳以上の高齢者が3年ごとの免許更新時に受ける認知機能検査で「認知症の恐れ」と判定された場合に、医師の診断が義務づけられました。そして正式に認知症と判断された場合免許停止や取り消しとなります。また「認知機能の低下が見られ、今後認知症となる恐れがある」となると半年後の再診断を課されます。逆走や信号無視などの違反をした際も臨時検査を受けなければならず、認知症と診断された場合は免許取り消しや停止の処分となります。

 運転免許更新時の検査で「認知症の恐れ」と判定された時、専門以外の一般の医師にも診断をゆだねるのではなく、もう一段階詳しい認知症の検査と判断の仕組みを専門家を含めて作り上げてほしいと私は思っています。というのも私の経験ですが、初診の患者さんで娘さんと一緒に来院され娘さんは、最近よく物忘れするので車の運転が心配です。と言われ、本人は大丈夫ですと言われました。簡易検査をしてもさほど問題なさそうでしたが、大学病院の認知症外来を紹介いたしました。診断は「MCI」だったようです。それから一カ月ほどたって運転免許証の件で診断書を書いてほしいといってこられましたが診断してもらった大学病院で書いてもらうように説明しました。今後このようなケースが出てきたら、認知症ではありませんという診断書は民事訴訟を起こされる可能性もないとは言えませんので、とても書く自信はありません。

 一方で認知症については早期発見と予防、早期の治療開始が良いといわれています。早めの治療を進めたいと思っても改正道路交通法が頭の中をよぎってつい躊躇してしまいます。認知症といってもその前段階の人を含めて色々おられます。私は認知症に関しては早期発見と治療に重点を置きたいのです。認知症の恐れありという人の運転免許適否の判断は認知症専門医にお願いするか、運転免許証を交付するところで完結させるシステムが構築(例えば専門医と相談しながら新たな検査を作成するなど)されることを切に願っています。認知症専門医でない医師(相談医を含めて)に診断書を書けというのは酷だと考えます。

2017-12-08 10:02:00

院長コラム

 
PAGE TOP